好きなものを食べるというのはストレス発散に効果的ですが、それを続けることは体に負担をかけてしまいます。成人病を気にしているなら食生活を見直しましょう。

成人病と食事制限

心配する女性と体重計

成人病とは現在は生活習慣病と呼ばれており戦時中までは肺炎や結核が日本人の死因を占めていましたが、戦後に抗生物質などにより健康状態が改善されていき、その後は脳疾患やがん、心疾患にとってかわりました。
主に加齢が原因に思われていたため成人病と呼ばれていました。
成人とは二十歳くらいではなく四十歳以降を指しています。
しかし、原因が生活習慣や食生活が原因になるため生活習慣病という名称で呼ばれるようになっています。

主に昔ながらの米や魚と野菜という食生活が変わり、肉や脂が多く菓子類が多くなるような食生活に変わってしまい、塩分などが過剰摂取になり肥満が中年以降に多くなったことで増えてきました。
また肥満が成人病の原因の一つに入る考えがあるため、食事制限や和食中心になる食生活に正す方向が生まれています。

成人病の原因の中のがんには肺がんがあり喫煙が原因になるため海外を中心に禁煙方向での改善を求められています。
食事や運動不足であらためられるため、糖分などもうまく血糖値ではなく代謝がいいバランスに変えることで糖尿病や高脂血症を予防できます。
また欧米では菜食主義者の方がこれらの病気になりにくいという結果が出ています。
食生活ががんの原因の三割だといわれており糖尿病や高血圧がはじまりになるため食事制限は有効な改善手段になります。

これらの脂肪分の多い食生活でコレステロールがたまり血液の流れが悪くなり、心臓に関する心筋梗塞などの疾病の発症につながります。
食生活が悪くなるとすべて血流に関わってくると脳卒中が食生活が原因ということがあります。
成人病から生活習慣病という名にかわったように生活習慣を改善すれば、これらの三大疾患を食い止められるということから来ているので食事制限で正していくことができます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧