好きなものを食べるというのはストレス発散に効果的ですが、それを続けることは体に負担をかけてしまいます。成人病を気にしているなら食生活を見直しましょう。

  • ホーム
  • インプラントで変わる食生活で健康を目指そう

インプラントで変わる食生活で健康を目指そう

歯が抜けてしまうと、噛む能力が落ちてしまいます。
奥歯が1本抜けるだけで、噛む能力は半分になってしまうというデータもあるほどです。
歯というのは、上下の歯が噛み合わさることで食べ物を細かくしていきます。
歯が1本抜けると、上下の歯が噛み合わなくなってしまうばかりか、隣り合う歯も支えを失ってしまうので、倒れ込んでしまい、噛み合わせに悪い影響を与えます。

歯がない人のための治療として、入れ歯があります。
入れ歯を入れれば歯があったときと同じように噛めるかというと、そうではありません。
本物の歯を10とすると、入れ歯では3割ほどの力でしか噛むことが出来ません。
固いものや繊維質のものは噛み切りにくいので、食生活もやわらかいものが中心になっていきます。

しかし、入れ歯の他にも失った歯の部分に対する治療はあります。
インプラントは、歯の抜けた部分の骨にチタンを埋め込むことで、本物の歯のように噛めるようにするための治療です。
インプラントを希望する患者さんは年々増えていて、噛む喜びを回復するだけでなく、食生活も大きく変えることができます。

インプラントにより、やわらかいものだけでなく、何でも好きな物を食べることができるようになると、栄養のバランスが整います。
整った栄養というのは、生活習慣病の対策には欠かすことができません。
食事が改善されると、生活習慣も改善されるからです。

歯医者でインプラント治療を受けることで、全身の健康状態まで改善することができます。
インプラントで食事内容が変わると、性格まで明るくなることがあります。
友人と一緒に外食を楽しむこともできるようになるからです。
噛めないことというのは、大きなストレスにつながります。
満足な食事ができないことは、歯がないせいだと諦める必要はありません。

噛みにくいことや、食生活に問題が出ている場合は、歯医者に相談してみましょう。
インプラント治療も常に新しくなっていて、すべての歯がない場合でも4本のチタンで支えられるオールオン4という治療が登場しました。
オールオン4は患者さんの負担も少なく、治療期間も短くてすむといういい治療です。

歯科医院では、患者さんの残った歯の状態や噛み合わせなどを総合的に考えて治療を行います。
合わない入れ歯を使い続けるよりも、インプラントにした方が食べる喜びを感じられ、全身の健康にもつながります。
食べたいものを食べられるという食生活は、精神的にもいい影響があります。

関連記事